離婚や相続などは弁護士に相談〜問題解決の仕事人〜

男性

まとまらないなら相談する

女性

離婚したいけど、自分たちだけの話し合いではどうにもならない…っていう時に考えるのが弁護士ですよね。でも、弁護士に依頼すると結構な値段がかかるイメージがあるのではないでしょうか?その為、お金がないからといって弁護士への依頼を留まってしまう方も多いのが事実です。
しかし、そのようにお金がないからと弁護士への依頼が難しい方のために用意されている制度があるんです。それは弁護士扶助制度というものです。どのような制度化といいますと、弁護士に依頼することによって必要になる費用を公的な資金で援助してくれるといったものなんです。
これは無利益・無担保で費用の立替を行なってくれる、とても助かるシステムなんです。立替金は翌月から返済していけばいいので、一期に多くの費用が必要になることもありません。
自分たちでなかなか話が進まないと、どんどん問題が悪化する可能性も出てきます。お互いの話し合いではこんなんだと思った時は、ぜひこの制度を利用して弁護士に依頼してみてはどうでしょう?

一言に離婚って言っても、夫婦によって様々なあり方があるんです。簡単な夫婦だけの話し合いで決めたり、裁判所まで行くことになってしまったり…離婚する夫婦の全体の9割程度が、夫婦間の話し合いによってお互いが納得できるといった協議離婚なんだそうです。これが一番、心身の負担も少なく理想な形ですよね。でも、このような理想通りには簡単に話が進まないことだってあります。
慰謝料などのお金に関する問題や、二人の間の子どもの話…他にも沢山話し合わなくてはいけないですよね。なかなか、スムーズに行かないことも出てきます…そうなると家庭裁判所に申し立てをして、成立させる調停離婚になるんです。
調停でも成立しなかった場合は裁判離婚、それでも成立しない場合には裁判離婚を行うことになるんです。

Copyright© 2016 離婚や相続などは弁護士に相談〜問題解決の仕事人〜All Rights Reserved.